よみファメディア

生活情報紙「読売ファミリー」がお届けするwebメディアです

【ちびネルが読む】『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス/加藤実秋/角川文庫』感想

f:id:yomifacom:20190125104317p:plain

ネルネル~、ちびネルですネル。今回ご紹介するのは、『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス/加藤実秋/角川文庫』ですネル。

 

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

 

 【あらすじ】
その事件、俺たちに解決させろ! 連作ミステリ!
柳町北署の新人刑事・牧野ひよりは、念願かなって刑事になったものの、仕事はお茶汲みやコピー取りばかり。

そんなある日、所轄内で殺人がネットで生中継されるという事件が発生。
どうやら四年前に起きた事件の模倣犯らしい。
ひよりは上司の刑事から、四年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎の話を聞いてこいと命じられる。

メモの住所を頼りに辿り着いたのは、蔦で覆われた大きな三角屋根の古びた洋館だった。
その門前で掃き掃除をする惣一郎に声をかけるが、惣一郎は「断る」の一点張り。
すると謎の老人が現れ、「まあお入り。ちょうどお茶の時間だ」と告げて洋館にひよりを招き入れた。
そこはなんと、退職刑事専用のシェアハウス<メゾン・ド・ポリス>だった!

元熱血刑事、元科学捜査のプロ、元警視庁幹部、元事務員。

老眼、腰痛、高血圧だが、腕は一流のくせ者おじさんたちと事件を追うと、思いもよらぬ真相に辿り着き――。
KADOKAWAサイトより


【感想】
ふと見たドラマの1話目が面白かったので、原作本に手を出してしまったパターンですネル。
ただ、同じ事件を扱いながら設定は丸っと変えてあるので、ドラマはドラマ、本は本で独立して楽しめると思いましたネル。

連作短編集のため、一話一話区切って読んでもいいですネルし、一気に読んでもいい、読者にやさしいつくりとなっておりますネル。

新米刑事ひよりが、メゾン・ド・ポリスの面々の力を借りながら事件を解決する中で、失踪した父の謎へのアプローチが始まったり、今後の展開がすごく気になる、エンターテイメント系警察小説だと思いましたネル。

個人的に夏目さんが好きなちびネルは、ミーハーかもしれませんネル^^;

2巻以降も楽しみですネル~☆彡

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

 

 

メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫)

 

 以上、今回は『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス/加藤実秋/角川文庫』のご紹介でしたネル。
このコーナーでは、ちびネルの独断と偏見に満ちた本を紹介していく予定ですので、読んでいただければ幸いですネル☆彡
また、「この本面白いよ」というおすすめがありましたら、ぜひ、ちびネルのツイッターにお寄せくださいネル! 

 

twitter.com