よみファメディア

生活情報紙「読売ファミリー」がお届けするwebメディアです

シニアこそライザップ!

Photo  「第二の人生」を健康で元気に――。「万病の元」といわれる肥満を解消するため、専属トレーナーが完全個室でマンツーマン指導するトレーニングジム「ライザップ」に入会するシニア世代が増えています。その一方、「60歳を過ぎて本当に痩せられるの?」と不安視する声も少なくありません。そこで、55歳以上が登録する6万人の会員組織「読売新聞 わいず倶楽部」の2人の会員に1日体験してもらいました。(桜井 達也)

 痩せる前後の有名タレントの姿を大映しするCMで話題を集める「ライザップ」ですが、最近は独自のダイエット理論が医学的に高い評価を受け、全国の医療機関との連携を図っています。
 わずか2か月間のトレーニングで肥満を解消したうえ、ドック健診で引っかかった血圧、血糖値などの数値が改善され、健康を取り戻す人が増えています。
「だからシニアの方こそライザップです」と言うのは、関西最大規模の「ライザップ梅田店」店長兼トレーナーの鈴木那智さん(30)です。原島さんと堀野さんのライザップに関する素朴な疑問に答えてもらいました。

体験者
堀野福恵さん(61・堺市

159cm、54.8㎏、体脂肪率26.8%
「下腹の脂肪がスゴくて(苦笑)。腹筋を憧れの6パックにしたい(笑)」

原島敬治さん(64・神戸市)
174cm、85.2kg、体脂肪率24.7%
「ジムに通っていても痩せません。血圧も血糖値も高めです」

 原島さん 痩せるために何から始めるのですか。
――その方に合ったメニューを作るためにカウンセリングを入念にします。


堀野さん トレーニングではなくカウンセリングですか。
――過去の運動・ダイエット歴などを教えてもらい、特殊な体組成マシンで全身の筋肉量や脂肪の付き方をコンピューターで細かく解析します。そのデータを基に専門カウンセラーが効果的なトレーニング法や食事の取り方を説明します。このきめ細かなカウンセリングこそがライザップの最大の特長なんです。

 

堀野さん そうなんですね。専属トレーナーが1対1で指導してくれるんですか。
――もちろんです。われわれライザップのトレーナーは採用率3%という狭き門を突破したエキスパートばかりです。運動面のほか、栄養管理、医学的見地、心理学も心得ていますので、皆さまを全力で支えます。

 

原島さん 食事制限は厳しいですよね……。
――脂肪になりやすいご飯、めん類などの糖質は控えていただきますが、筋肉を付ける魚や肉類といったたんぱく質は大いに食べていただきます。「こんなに食べていいの」と驚かれるほどですよ。食事内容は知識豊富な担当トレーナーと日々、メールでやりとりしますのでご安心ください。

 

原島さん ジムに毎日通っていますが一向に痩せません。
――よほどの知識や経験がないと、1人だけで正しいフォームの筋トレを続けるのは至難の業です。

 

堀野さん リバウンドが気になります。
――2か月で体質と血圧や血糖値が改善されます。シニアの皆さんは「以前の数値に戻りたくない」ので気をつける方が多く、リバウンドは少ないです。

 

原島さん・堀野さん なんだか自信が湧いてきました。
――ライザップで理想の体形と健康を取り戻した方は、皆さん「生まれ変われた」と自信を持たれ、青春が戻ってきたように何事にも前向きになっていらっしゃいます。見違えるようです。トレーナーが全力でサポートしますので一緒に頑張りましょう。

_54a8887_6あなたも「ライザップ」で無料カウンセリングを受けてみませんか

専門性の高い特殊な体組成マシンを使って全身の筋肉や脂肪の量、その付き方をカラーグラフで表示。専門知識を持ったカウンセラーが過去のスーポツ経験、普段の生活、食事内容などをヒアリングし、やせるための知識と計画を提示します。

※カウンセリングを受けても必ず入会する必要はありません



Photo_2 Photo_3