よみファメディア

生活情報紙「読売ファミリー」がお届けするwebメディアです

読売ファミリー2月12日号テゴマスインタビュー取材こぼれ話まとめ

読売ファミリーツイッターhttps://twitter.com/yomifacom)では、読売ファミリーの旬な話題を随時配信しています。
今回はご紹介ということで、読売ファミリー2月12日号のテゴマスさんインタビューに合わせて、取材を担当した佐々木記者からの取材こぼれ話まとめを掲載します。

【テゴマス取材こぼれ話】
2年前から「テゴマスのらじお」(MBSラジオ)を開始したテゴマスの二人。
手越さんは「最初は硬かったけど、3、4回目ぐらいから『こうすればいいんだ』みたいなのが分かって、今でははじけています」とコメント。
増田さんは「あまり、作り込まないように気を付けている」と話してくれました。
「こういうことを話そう」というのは決めず、その場の流れを重視しているそうです。

【テゴマス取材こぼれ話】
「テゴマスのらじお」には、弁護士の先生が来てコメントするコーナーがあります。
増田さんは「かなり深刻な悩みにでも答えることができます。
僕たちに相談することで、少しでも気が楽になってくれたらいいな」と話す一方、「僕たちは何もコメントできずウン・ウンってうなずくだけ、だったりしますが」と手越さんは苦笑い

【テゴマス取材こぼれ話】
手越さんは、「まっすーは服の知識が豊富。
衣装さんと僕たち二人で話していても、専門用語が飛び交う衣装さん。
まっすーの会話には僕は全然ついて行けない。
見るにみかねた衣装さんが、絵にかいて説明してくれたこともありました」と話します。

【テゴマス取材こぼれ話】
ヨーネル人形をプレゼントさせてもらいました。
増田さんは「うわ、かわいい!」と、なでなで。「よく寝るので、ヨーネルです」と説明すると「なるほど!」と納得一方、手越さんは、タテ・ヨコにグイグイ押して、その感触を楽しんでいました。「ベットサイドに置いておいてください、熟睡できます!」と伝えると、「それはいい、早速今晩から置きます」と笑ってくれました

後記

いかがでしたか?
今後もインタビューに絡めて取材こぼれ話を配信していきますので、読売ファミリーのツイッターhttps://twitter.com/yomifacom)をどうぞお見逃しなく☆