よみファメディア

生活情報紙「読売ファミリー」がお届けするwebメディアです

猛暑が続いている大阪から読売ファミリー8月7日号のダイジェストをお届け

誰だ誰だ誰だー! 暦の上ではもう秋とかいうやつ誰だー!
(24節季だーと間の手を入れる)
というわけで、本日8月7日は立秋。
またの名を、読売ファミリー8月7日号の発行日。
秋と言いながら過酷な猛暑が続いている大阪から読売ファミリー8月7日号のダイジェストをお届けします。

巻頭インタビューは旬な俳優「松坂桃李さん」

8月24日(土)公開、映画「ガッチャマン」に主演「健」役で
出演する松坂桃李さんに、
出演が決まった時の感想や、周りの反応、映画のすごさ、
面白さ、主題歌への思い入れなど弊社敏腕記者が踏み込んで聞きました!
映画を見るのが楽しくなる、そんな記事に仕上がっていますよー。

名前のど忘れどうします?

街でばったり懐かしい顔に出会い、「あ、久しぶり!」「元気?」
「最近どう?」なんて会話を交わしながら、
アレー、相手の名前なんだっけ、というかこの人誰だっけという
経験ありませんか? 私はあります! キリッ
この記事では、ど忘れのメカニズムから始まり、場面、発音、
手掛かりの探り方、覚え方、思い出し方など、
いろいろな対処法をご紹介。
まぁ、最善は早めに聞き直してもう一度人間関係を再構築するのも
いいかもしれませんね。参考にしてください。

究極の“肝試し” 梅田に出現!

夏と言えばおばけ。怪談。はやりますよね。何でですかね。
夏の方が冬より怪異が生息しやすいのでしょうか。
そもそも怪異って生きているのかなぁ。
そんなことはさておき、今年の大阪はお化け屋敷が乱立している
ようで、通天閣では「死ん世界」、アメリカ村では「死ん装開店」、
ひらかたパークでは「四谷怪談」、USJでは「バイオハザード」、
セガ梅田ジョイポリスでは「貞子3D」「生き人形 蒼の間」 、
そして新梅田シティでは「呪いの歯―密八号の家―」。
とまぁ盛りだくさん。
その中の一つ、「呪いの歯―密八号の家―」を
42歳妻子持ち男子だけどちょっと怖がり記者が体験。
見るだけでも怖いのに、ミッションまでクリアしないといけない
重圧にかなり苦しんだようです。
最後には絶叫してしまう(記者談)お化け屋敷、涼を求めていかがですか?

安定のコラム メンタリストDaiGoの心をつかむメンタリズム

はい。メンタリストDaiGoさんのコラムももう7回、
今回のテーマは「子どもをやる気にさせる」ということで、
心にぐさぐさ突き刺さることが書いてあるのですが、
全部紹介したら紙面読んでもらえないじゃないということで、
黙秘。
黙秘。
黙秘。
もく…ウラァ ( -_-)=○()゜O゜);
すいませんでした。
超要約すると、「まず自分が先にする」。
子どもにさせたいと思うことは、まず自分が先にやってみましょう。
また、荒唐無稽なことを言われても否定せず、できるだけ受け止めることも大切。
うーん、勉強になりますね。

まとめ

独断と偏見とちょっとまがった解釈も入った
読売ファミリー8月7日号ダイジェストいかがでしたか。
伝わるものがあれば幸いです。

ここで重要なお知らせ

読売ファミリー8月14日号はお休みです。
次の発行は8月21日です。

来週読売ファミリー紙面が読売新聞にはさまっていなくても
びっくりしないでくださいね!

それではここまで読んでいただきありがとうございました。