よみファメディア

生活情報紙「読売ファミリー」がお届けするwebメディアです

「京都・嵐山の鵜飼い見物とグルメの会」のご案内

午前中もくもく仕事したので、今は原稿待ちです。
待つだけのみというのはつらいものですね。

さて、あと半月もすれば7月で、「夏」がやってきますねー。
読売ファミリーおすすめの風物詩がいくつかあるのですが、
そのひとつが
「京都・嵐山の鵜飼い見物とグルメの会」

京都・嵐山の大堰川で繰り広げられる伝統行事「嵐山の鵜飼い」
(7月1日~9月17日)を船の上から見物し、渡月橋のたもとにある
人気の料亭「錦」で会席料理の夕食を味わう毎年恒例のグルメの会です。
プランは、期間中いつでも利用できるクーポン券を事前に送付する
仕組みで、利用者は希望の日にあわせて予約できます。

風折烏帽子に腰蓑という昔ながらの鵜匠の姿で有名な「嵐山の鵜飼い」は、
平安時代から約1000年続くといわれています。
鵜匠が操る6羽の鵜は、船子と呼ばれる漕ぎ手が打ち鳴らす櫂の音に
反応して、水中に潜ったり、浮かんだりし、アユなどの川魚を次々に捕らえます。
鵜が丸のみした川魚を鵜匠が吐き出させる様子は見応えがあります。
プランは、渡月橋近くの船乗り場から見物船に乗り、
これら鵜匠の巧みな手綱さばきを目の前で見ることができます。
夕食は、渡月橋畔の中ノ島公園にある数寄屋造りの料亭「錦」で、
旬の素材を盛り込んだ会席料理を味わいます。献立は月替わりで、
先付、お造り、お椀替わり、桜宿膳(上段・酒肴、下段・炊き合わせ)、
酢の物、ご飯、水物など(食前酒付き)。

スケジュール 7/1(日)~9/17(月・祝)
※8/16と毎週火曜除く
料亭「錦」(阪急嵐山駅から徒歩約5分)に予約時間に集合。
見物船の出港時間は7、8月=(1)19時(2)20時、9月=(3)18時30分(4)19時30分。
乗船時間は約1時間。
※荒天、増水で乗船できない場合でも食事会は行います。
参加費 大人1人 8800円
申し込み後の手順 申し込み後に払込用紙(コンビニまたは郵便局)を送付します。入金確認後に期間中いつでも利用できるクーポン券(鵜飼い見物料と食事代含む)を送りますので、各自で料亭「錦」に予約をしてください(連絡先は案内状に明記)。店側で食事の時間、鵜飼い見物船の乗船時間を調整します。
申し込み 読売ファミリー「鵜飼い」係
0570-550-436、0570-550-437
(9時~17時30分、日・祝日除く。自動音声が流れた後、オペレーターが応対します。PHSIP電話は06-6316-0856へ)